Luukku, wooden strings chair

木弦の椅子


 Long time ago, when human did not have metal-spring yet, the material used for “spring” was Ash. Wooden strings chair was designed to bring out the nature of ash again, without loosing texture of wood.
 The upper thin and elastic board above the hole touches the lower thick plank before reaching its breaking point. Extremely thin 4mm seat board was realized by the system .The hole shaped like violin plays an ornamental role as well as the functional role. The smiling chair tells about itself to users “ I am a soft chair”.
 By communicating in two ways, with human body with its softness, with human mind with its smile, the chair will open new relation between furniture and human.


 昔まだ金属製のバネがない時、バネのようなものとして利用されていたのがアッシュである。そんなアッシュの弾力的な特性を再び活かして柔らかい椅子を作った。
 人の重みによりたわむ柔らかい上板は4mmという薄さとして、弾性を最大限引き出している。
たわんだ上板が破壊点に達する前に厚い下板に接する構造とすることで、4mmという極限の薄さを可能としている。
 柔らかさのために空けられた穴は同時に、椅子に笑顔を作り出している。柔らかさでカラダと、笑顔でココロと、人とコミュニケーションをとるような新し家具のあり方を示したいと思った。

 

error: Content is protected !!